東海ちなヤクの巣(忍者の里から)

スポナビブログから引越し。スポナビブログ時代は、プロ野球(東京ヤクルト)を中心に、大相撲の話もちょろっとしてました。はてなに引っ越したので更新する話題はちょっと広がるかも知れません。

【パワプロオリジナル】安田脩平【2019愛媛ブルークラウンズ】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。

toyotsucountry.fandom.com

2018年度成績:87試合 打率.247(308-76) 1本塁打18打点 14盗塁 OPS.624

<寸評>
チームトップクラスの俊足と、それを生かした広い守備範囲が光る内野手。昨季は右太ももの肉離れで長期離脱した影響で、前年より出場機会が減ってしまった。潜在能力は首脳陣も認めており、今季は二塁手のレギュラーを手中に収めるべく奮闘する。

続きを読む

【パワプロオリジナル】アルフレッド・ディステファーノ【2019東海グランパス】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。

toyotsucountry.fandom.com

2018年度成績:18登板 8勝7敗0S0H 110.0投球回86奪三振 防御率4.17

<寸評>
最速150キロ超のストレートと、チェンジアップの緩急で勝負する助っ人右腕。来日1年目の昨季は先発ローテーションの一角を担い、8勝を挙げてチームのリーグ優勝・日本一に貢献した。今季は2桁勝利を目指し、自慢のチェンジアップをさらに磨く。

続きを読む

【パワプロオリジナル】水野智政【2019神戸セネタース】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。

toyotsucountry.fandom.com

2018年度成績:19試合 打率.304(56-17) 1本塁打7打点 1盗塁 OPS.779

<寸評>
走攻守に高い身体能力とセンスを兼ね備える若手のホープ。昨季はシーズン終盤に一軍へ昇格、19試合に出場し打率3割を記録した。持ち前の野球センスは二軍で既に証明しており、あとは一軍で確固たる結果を求めるのみだ。

続きを読む

【パワプロオリジナル】山本翔樹【2019愛媛ブルークラウンズ】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。

toyotsucountry.fandom.com

2018年度成績:20登板 6勝8敗0S0H 107.2投球回42奪三振 防御率3.91

<寸評>
地面スレスレの低いリリースポイントから放たれるアンダースローが特徴的なサブマリン。昨季はプロ初完封を記録したものの、6勝止まりで首脳陣からの期待には応えきれなかった。制球力は抜群なだけに、投球術を磨いて今季はルーキーイヤー以来の2桁勝利を目指す。

続きを読む

【パワプロオリジナル】稲垣大翔【2019東海グランパス】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。

toyotsucountry.fandom.com

2018年度成績:10試合 打率.280(25-7) 2本塁打7打点 1盗塁 OPS.907

<寸評>
パンチ力のある勝負強いバッティングと、どこでも守れるユーティリティー性を兼ね備える若手野手。ルーキーイヤーの昨季はシーズン終盤に一軍デビューし、リーグ優勝したチームのブースターとなる活躍を見せた。今季はその持ち前の強運を、一軍の舞台で常に発揮したい。

続きを読む

【パワプロオリジナル】大泉駿吾【2019神戸セネタース】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。

toyotsucountry.fandom.com

2018年度成績:19登板 5勝8敗0S0H 109.1投球回100奪三振 防御率3.79

<寸評>
最速157キロの剛速球が最大の武器の若手先発右腕。昨季は19試合に先発し、打線の援護に恵まれないながらも5勝をマークして先発ローテーションに食い込んだ。今季は規定投球回到達、2桁勝利を目指し、自慢のストレートをさらに磨いていく。

続きを読む

【パワプロオリジナル】中嶋晋平【2019愛媛ブルークラウンズ】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。

toyotsucountry.fandom.com

2018年度成績:15試合 打率.333(9-3) 0本塁打0打点 0盗塁 OPS.733

<寸評>
俊足堅守が光る中堅外野手。昨季は15試合の出場に留まったが、9打数ながら3安打を記録するなど課題の打撃でも光明が見えたシーズンとなった。守備力には定評があるだけに、打力が上がれば一軍定着もありうる。

続きを読む