東海ちなヤクの巣(忍者の里から)

スポナビブログから引越し。スポナビブログ時代は、プロ野球(東京ヤクルト)を中心に、大相撲の話もちょろっとしてました。はてなに引っ越したので更新する話題はちょっと広がるかも知れません。

大相撲令和2年春場所感想・夏場所番付予想

新型コロナウイルス感染拡大による「無観客開催」となった異例の春場所、優勝し賜杯を手にしたのは白鵬でした。異例づくめの本場所で、最終的には鶴竜との横綱二人による千秋楽相星決戦を制しての優勝は実に44回目。素晴らしい相撲を取ったと思います。
そして、大関獲りがかかった朝乃山は11勝4敗。「三役で3場所連続33勝」のラインには届かなかったものの、内容を評価されて臨時理事会が招集されました(原稿を書いている時点)。これらの成り行きも非常に気になるところです。



続きを読む

【パワプロオリジナル】長谷川斗真【2020愛媛新加入】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。
<寸評>
50m5.8秒、遠投100mと身体能力の高さに自信のある即戦力候補の外野手。社会人時代は俊足の1番バッターとして鳴らし、全国大会でも幾度となく足で活躍を見せた。愛媛のスピードスターを目指し、まずは一軍定着が目標だ。

続きを読む

【パワプロオリジナル】加藤航平【2020愛媛新加入】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。
<寸評>
最速150キロを記録したノビのある速球が何よりも武器となる、「公立の星」と呼ばれた高卒投手。甲子園出場経験はなく、速球以外は粗削りだが、裏を返せばそれだけ伸びしろは十分。本人はリリーフ志望で、その力強い速球で目指すのは守護神だ。

続きを読む

【パワプロオリジナル】北山憲司郎【2020愛媛新加入】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。
<寸評>
左のサイドハンドから、左打者の懐に食い込むスクリューと右打者の内角を抉るスライダー・カットボールを操る技巧派右腕。社会人で4年を経てプロ入りした苦労人は、左殺しから一軍定着を狙っていく。

続きを読む

【パワプロオリジナル】山岡大夢【2020愛媛新加入】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。
<寸評>
高校時代に通算25本塁打を放った長打力、50m6.0秒の俊足と遠投100m超の強肩を持つ大卒内野手二塁手守備は粗削りだがダイナミックで、走攻守全てに魅力がある。持ち前のパンチ力を生かして、まずは一軍定着を狙う。

続きを読む

【パワプロオリジナル】長野達哉【2020愛媛新加入】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。
<寸評>
ストレートの最速は145キロながらノビがあり、縦横2種類のスライダーとのコンビネーションが光る高卒投手。クイックなど粗削りな部分もあるが、それは伸びしろの裏返し。将来のエースを目指し、プロですべてを貪欲に吸収していく。

続きを読む

【パワプロオリジナル】植村ジョセフ新太【2020愛媛新加入】

※この記事に登場する人物、団体等はすべて架空のものです。ご注意ください。
<寸評>
最速153キロの速球と、数種類のスライダーを操る速球派ピッチャー。高校時代は橋本祥太郎とのダブルエースで甲子園ベスト8入りを果たす活躍を見せた。4年越しに橋本と再びチームメイトになり、プロでも橋本と目指すはダブルエースだ。

続きを読む