東海ちなヤクの巣@パワプロと大相撲番付予想

スポナビブログから引越し。スポナビブログ時代は、プロ野球(東京ヤクルト)を中心に、大相撲の話もちょろっとしてました。はてなブログでは、パワプロと大相撲(番付予想)を中心に展開していきます。

大相撲

大相撲令和2年9月場所感想・11月場所番付予想

先場所に引き続き、新型コロナウイルスが猛威を振るう中で開かれた9月場所。玉ノ井部屋のクラスター発生や両横綱をはじめとする負傷休場などが相次いだ中で、土俵に上がった力士たちは熱戦を繰り広げてくれました。まずはそのことに感謝と敬意を表します。そ…

大相撲令和2年9月場所番付予想・答え合わせ

本日8月31日、9月場所の番付が発表されましたので。 nomurayuhki.hatenablog.jp こちらの答え合わせをします。凡例は以下の通り。赤字→予想が的中した力士青字→半枚のみズレていた力士黒字→1枚以上ズレていた力士

大相撲令和2年7月場所感想・9月場所番付予想

新型コロナウイルスが未だ猛威を振るう中開催された7月場所。優勝したのは元大関経験者でありながら一時は怪我や病気で序二段まで陥落するという地獄を味わい、そしてそこから這い上がってきた照ノ富士でした。照ノ富士の不屈の精神に心から敬意を示すととも…

大相撲令和2年夏場所番付予想・答え合わせ

本日4月27日、夏場所の番付が発表されましたので、 nomurayuhki.hatenablog.jp こちらの答え合わせをします。凡例は以下の通り。赤字→予想が的中した力士青字→半枚のみズレていた力士黒字→1枚以上ズレていた力士

大相撲令和2年春場所感想・夏場所番付予想

新型コロナウイルス感染拡大による「無観客開催」となった異例の春場所、優勝し賜杯を手にしたのは白鵬でした。異例づくめの本場所で、最終的には鶴竜との横綱二人による千秋楽相星決戦を制しての優勝は実に44回目。素晴らしい相撲を取ったと思います。そし…

大相撲令和2年大阪場所番付予想・答え合わせ

本日2月24日、新番付が発表されましたので、 nomurayuhki.hatenablog.jp こちらの答え合わせをします。凡例は以下の通り。赤字→予想が的中した力士青字→半枚のみズレていた力士黒字→1枚以上ズレていた力士

大相撲令和2年初場所感想・大阪場所番付予想

横綱不在の初場所、幕内最高優勝を手にしたのは「幕尻」の徳勝龍でした。もちろんこんなことを誰も予想できるはずがなく。徳勝龍が3日目から白星を重ねて、中日から「ひょっとするとあるのでは?」と思いながら、あれよあれよと積み重ねた星の数は14個。14日…

大相撲令和2年初場所番付予想・答え合わせ

本日12月24日、初場所の番付が発表されましたので。 nomurayuhki.hatenablog.jp こちらの答え合わせをします。凡例は以下の通り。赤字→予想が的中した力士青字→半枚のみズレていた力士黒字→1枚以上ズレていた力士

大相撲令和元年九州場所感想・令和2年初場所番付予想

「1年納めの九州場所」、令和元年を締めくくる九州場所は横綱白鵬が史上最多を更新する43回目の優勝を果たしました。世代交代が囁かれる中で休場者が相次ぐ中、白鵬は2日目に大栄翔に不覚を取った以外は白星を並べて14勝1敗。「まだまだ大横綱は健在」、それ…

大相撲令和元年九州場所番付予想・答え合わせ

本日10月28日、九州場所の番付が発表されました。 nomurayuhki.hatenablog.jp こちらの答え合わせです。凡例は以下の通り。赤字→予想が的中した力士青字→半枚のみズレていた力士黒字→1枚以上ズレていた力士黄背景→新入幕・再入幕、新十両・再十両

大相撲令和元年秋場所感想・九州場所番付予想

「令和最初の秋場所」は、関脇御嶽海が貴景勝との優勝決定戦を制して2回目の優勝を飾りました。序盤に横綱二人が相次いで休場し、嘉風を始めとした幕内経験者の相次ぐ引退など、土俵内外でのニュースの多さに翻弄されながらの秋場所だったと思います。筆者は…

大相撲令和元年秋場所番付予想・答え合わせ

本日8月26日、秋場所の番付が発表されましたので。 nomurayuhki.hatenablog.jp こちらの答え合わせです。凡例は以下の通り。赤字→予想が的中した力士青字→半枚のみズレていた力士黒字→1枚以上ズレていた力士黄背景→新入幕・再入幕、新十両・再十両

大相撲令和元年名古屋場所感想・秋場所番付予想

「令和最初の名古屋場所」から……と言うよりは、気分的には「参議院議員選挙の投開票日」から一夜明けた、と言いたくなるような月曜日。もちろんやるのは名古屋場所のほうです。今年の名古屋場所は、4大関休場と言う異常事態は発生しましたが、終わってみれば…

令和元年名古屋場所番付予想・答え合わせ

本日6月24日、名古屋場所の番付が発表されましたので。 nomurayuhki.hatenablog.jp こちらの答え合わせです。凡例は以下の通り。赤字→予想が的中した力士青字→半枚のみズレていた力士黒字→1枚以上ズレていた力士黄背景→新入幕・再入幕、新十両・再十両

大相撲令和元年夏場所感想・名古屋場所番付予想

「令和最初の本場所」となった2019年の夏場所は、平幕朝乃山が12勝3敗の成績を上げて平幕優勝を飾り、そして関脇に陥落した栃ノ心が10勝を挙げて特例での大関復帰を決めた場所になりました。千秋楽には「令和初の国賓」として来日したアメリカ合衆国のドナル…

大相撲令和元年夏場所予想練習⑥・答え合わせ

昨日4月30日、夏場所の番付が発表されましたので。 nomurayuhki.hatenablog.jp こちらの答え合わせをしていきましょう。凡例は以下の通り。赤字→予想が的中した力士青字→半枚のみズレていた力士黒字→1枚以上ズレていた力士黄背景→新入幕・再入幕、新十両・再…

大相撲平成31年大阪場所感想・夏場所番付予想練習⑥

体調不良が続いて、番付予想の更新が伸びてしまいましたが、やるのはやっているのでお披露目します。大阪場所は「平成最後の大相撲」。白鵬が、その平成最後を締めくくる全勝優勝を達成して「未だ健在」をアピールすると同時に、貴景勝が10勝を挙げて「大関…

大相撲平成31年大阪場所予想練習⑤・答え合わせ

本日2月25日、大阪場所の番付が発表されましたので。 nomurayuhki.hatenablog.jp ↑これの答え合わせをします。凡例は以下の通り。赤字→予想が的中した力士青字→半枚のみズレていた力士黒字→1枚以上ズレていた力士黄背景→新入幕・再入幕、新十両・再十両

大相撲平成31年初場所感想・大阪場所番付予想練習⑤

「平成最後の春場所」は、関脇の玉鷲が史上2番目のスロー記録で初優勝を果たしました。場所中には元横綱稀勢の里と、元関脇豪風がそれぞれ引退。番付には載っていたもののこの場所限りで貴ノ岩も姿を消し、ひとつの「世代交代」を感じた場所でした。また、今…

靭帯なんてものが存在するからこれほど悲しい思いをするんだ

タイトルは、シャレでないなら本当に今の筆者に近い実感。 おはようございます。いずれ分かることなのでお伝えしておきます。宇良の今回の診断結果は、前回の怪我と同じで、前十字靭帯断裂です。落ち着いたら、本人と話して、また何かしらお伝えしようと思い…

大相撲平成31年初場所番付

今回は簡潔に。本日12月25日に、平成31年初場所の番付が発表されました。 www.sumo.or.jp 一応番付予想はしていたんですが、暴行事件を起こして引退した貴ノ岩を抜いていなかった(場所終了直後の)データを消してしまっていたので、新たに表を作る気になりま…

大相撲平成31年初場所番付予想練習④ー1

先日、大相撲では幕内貴ノ岩の暴行事件があり、引退となったので、以前していた平成31年初場所の幕内・十両番付予想を、貴ノ岩を抜いた状態で再予想したものを更新しておきます。事件に関しては、まあ相撲ファンだとか、そうでない方とかがいろいろ論じてい…

大相撲平成30年九州場所感想・初場所番付予想練習④

このブログの更新がご無沙汰になっておりました。先に題名とは関係ない話をまとめてしておきますと、一応ブログを更新する意思はあるんですが、9月下旬からネット環境が整っていない実家に帰っておりまして、ブログを更新するための自分のPCがポケットWi-Fi…

大相撲平成30年九州場所番付予想練習③・答え合わせ

本日10月29日、九州場所の番付が発表されましたので。 nomurayuhki.hatenablog.jp こちらの答え合わせをして行きましょう。3回目とは言えいつにも増して自信のない今回ですが、精度は上がったんでしょうか。凡例は以下の通り。赤字→予想が的中した力士青字→…

大相撲平成30年秋場所感想・九州場所番付予想練習③

今年の秋場所は、「平成最後の秋場所」。3横綱1大関が休場する「荒れた場所」だった前の名古屋場所に比べれば、今場所は8場所連続で休場していた横綱稀勢の里が皆勤。3横綱3大関が揃って千秋楽まで皆勤し、終わってみれば横綱白鵬が今年初の幕内最高優勝を果…

大相撲平成30年秋場所番付予想練習②・答え合わせ

本日8月27日、秋場所の番付が発表されましたので。 nomurayuhki.hatenablog.jp こちらの答え合わせを早速やっていきましょう。凡例は以下の通り。赤字→予想が的中した力士青字→半枚のみズレていた力士黒字→1枚以上外れた力士灰字→幕下で、番付を予想しなかっ…

大相撲平成30年名古屋場所感想・秋場所番付予想練習②

「平成最後の名古屋場所」が終わりました。例年「荒れる」と言われる名古屋場所。今年は特に記録的な猛暑が名古屋を始め東海地方、いや全国を襲い、かくいう筆者も在住こそ関西地方ではありますが熱中症にかかってしまいました。そんな猛暑も影響したのか………

大相撲平成30年名古屋場所番付予想練習①・答え合わせ

6月25日、名古屋場所の番付が発表されました。 nomurayuhki.hatenablog.jp と言うわけで、↑の答え合わせをしなければいけませんね。改めて、番付予想と言うものは難しいなと思いました。その素人の最初の予想がどれだけ当たっているか、答え合わせをしていき…

大相撲平成30年夏場所感想・名古屋場所番付予想練習①

はてなブログに引っ越してからは恐らく初めてとなる本格的な大相撲の記事となります。「平成最後の夏場所」となる5月場所が、無事終了しました。優勝は自身初の連覇となる横綱・鶴竜。序盤から中盤にかけて連勝を重ねていた栃ノ心を終盤に逆転し、最後は同じ…

【大相撲】千代の国関・9月場所十一日目千秋楽感想

中盤十日目を終えて、千代の国関は6勝4敗で星2つ勝ち越し。 幕内全体では、一人大関の豪栄道が一敗で優勝戦線をリード。二敗で千代の国と同じ九重部屋の千代大龍が追い、三敗に6人が並び立つ混戦模様となっています。 十一日目● 対正代(寄り切り) 立ち合いの…